ルテインを購入する前にチェックしてください!ルテイン機能性表示食品を調べました

光の刺激から目を守り、黄斑色素を増やして目を守る今までにない吸収力をもつ「ルテイン」!

・細胞ダメージを保護し、網膜の色素を増やして目の健康を維持。天然マリーゴールドから、特許技術で抽出「機能性表示食品」である、ルテイン。

機能性表示食品に関する情報(厚生労働省)

これまでのサプリメントではなかなか頂けなかったルテイン配合サプリメントです。

「クリアな視界が得られました!」

「夕方のかすみ目が嘘のようになくなりました!」

「目の疲れが取れ、快適な毎日です!」

毎日パソコンやスマートフォンを使用する方、加齢による目の衰えを感じている方は、ルテインを購入しようかと、候補に入れている方も多いのではないでしょうか。

ですが、先に踏まえておきたい事実があります。

ルテインをいくら飲もうとも、・ルテインの効果を実感出来ない人・ルテインが効かない人に分かれている事実があります。

・ルテインの効果を実感出来ない人

と言いかえる事も出来るでしょう。

ルテインは、愛用者の多くが目の疲れが回復すると実感できるサプリメントです。しかも、特許技術を用いているため、吸収率は非常に高いサプリメントです。

目の機能回復に欠かせないのが、「ルテイン」。目の健康を維持するために欠かせないと言われるのが、黄斑部の色素です。

視力を左右したり色の見分けを担う網膜の中心に黄斑が存在するのですが、その黄斑の色素量を維持・増やすにはルテインが必要不可欠だと知られています。

パソコンやスマートフォンの普及で、ブルーライトが注目を集めました。実はこのブルーライト、日光やテレビの光にも含まれています。

スマートフォンは使わない人も、目は負担にさらされているのです。ですから、日常的にルテインを摂取し、

黄斑部の色素量を増やす手助けをしなければなりません。ですが、ルテインがきちんと網膜に届かなければ意味はないのです。

ルテインは、アメリカで特許を取得した抽出方法で、天然素材のマリーゴールドの花弁から抽出。非常に吸収力が高いことで評価されています。

さらにルテインはサプリ大国アメリカの食品医薬局(FDA)から、安全性の認証を受けています。GRASと呼ばれる安全性評価の認証ですから、その信頼性は非常に高いと言えるでしょう。

特許技術を駆使して抽出 + アメリカ食品医薬局FDAから安全性を認証

これこそ他社では真似できない、ルテインならではの品質の高さの証しです。

ですが、そんなルテインを使っても、効果を実感出来ない人がいます。ルテインをたっぷり塗っても、効果を実感出来ない人がいます。

それが・毛様体筋が痩せている人・コンタクトレンズによるトラブルを抱えている人

です。

毛様体筋は、水晶体と密接に関わっている組織で、毛様体筋のお蔭で水晶体の厚みがかわりピント調節が出来る仕組みとなっていますが、筋力の低下のように毛様体筋そのものが上手く働かなくなると、

かすんで見えるようになります。また、そもそもコンタクトレンズの連続装用等でドライアイとなってしまうと、目の角膜に傷が入りかすみ目や目の疲れという症状を現します。

ルテインの構造は以下の通りです。

ルテインの働きで、日常の光による刺激から目を守る

ルテインによって網膜中心部の色素量を増やす

残念ですが、このような方にルテインは効きません。

・毛様体筋が痩せている人

・コンタクトレンズによるトラブルを抱えている人

というより、ルテインの効果を実感できないのです。

なぜなら、

ルテインによる目の疲れの改善、かすみ目の改善効果はルテインによる働きかけによって得られるものだからです。

確かに、ルテインには、光の刺激から目を守り、黄斑部の色素量を増やすことで、目の悩みを解決する作用があります。

 

またルテインは

・メキシコの管理農場で育ったマリーゴールドのみ使用

・アメリカで取得した特許技術を元に抽出し、FDAから認証

という大きな特徴を持っているため、

他社と圧倒的な差をつけているサプリメントとして知られています。

ルテインは、かすみ目や目の疲れ対策を安心して継続できるように作られているのです。ですが、ルテインはあくまでも、黄斑部の色素量を増やすものです。

あくまでも、黄斑部の中心部に働きかけるものなのです。毛様体筋やコンタクトレンズの使用による目のトラブルは眼科の受診を必要とします。

黄斑部が原因ではない目のトラブルに関しては、専門医の診察が不可欠です。場合によっては点眼や投薬、手術を必要とする病気が隠れているかもしれません。

いくら黄斑部の色素を増量しても、ご自身のかすみ目の原因が黄斑部に無いのであれば全く意味がないのです。

お分かりいただけるでしょうか。

・・・

もちろん、ドライアイの方にも光の刺激は良くないのでルテインの効果で、随分目の辛さが改善する方もいるでしょう。

ですが、

ルテインがかすみ目や疲れ目に良いと言っても全く異なる原因で生じる症状には、その効果が実感できないという事なのです。

 

ルテインの改善効果も、全く意味をなさないのです。

◎ルテインの効果を実感出来ない人

ルテインで黄斑部の色素が増量 ⇒⇒⇒

←←←←←目の疲れやかすみ

◎ルテインの効果を実感できる人

ルテインで黄斑部の色素が増量⇒⇒⇒

←目の疲れやかすみ

・毛様体筋が痩せている人

・コンタクトレンズによるトラブルを抱えている人

このタイプの方は、ルテインを使用すると同時に眼科で一度診察を受ける事をお勧めします。

最後にまとめます。

◎ルテインの効果を実感出来ない人

・毛様体筋が痩せている人

・コンタクトレンズによるトラブルを抱えている人

(※ドライアイが軽度な人は改善可能)

◎ルテインの効果を実感できる人

・スマートフォンやPCをよく使う人

・日光によく当たる人

・加齢によるかすみ目、疲れ目の人